彩聖健人の運気アップブログ 彩聖健人の運気アップブログ
彩聖健人の運気アップブログ

姓名判断・命名で絶対やってはいけない事【キラキラネーム】

姓名判断

姓名判断・命名で絶対やってはいけない事【キラキラネーム】

光宙くん。聖星夜くん。読めますか?
さて、これを一見で正解を導き出せる人がいるのでしょうか?
これは実際に日本で付けられた事のあるキラキラネームです。申し訳ないですが、日本のどこかにこの名前の子供が存在しているわけですね。
答えから言ってしまうと

光宙くん。は、「ぴかちゅう」くん。聖星夜くん。は「あだむ」くん。と読むみたいです・・・。

果たしてすぐに読める人が何人いてるのでしょうか?

さて、キラキラネームがダメと世間ではそこそこ認知されてきているとは思います、令和になった今でも未だにつけようとする両親がいるみたいで、もうなんともかんともです。
子供は親のおもちゃじゃありません!その後の人生の事をきっちりと考えて名前を付けてあげるというのは、子供にしてあげるまず最初の親の務めだと思ってください。
どうして、キラキラネームというものを付けてはダメなのか、いったいどんな親がつけているのか、付けられて成長した子供はどう思っているのか、つけられた子にはどんな弊害があるのか等を詳しく書いていきたいと思いますが、早めに結論から言っておくと

「絶対ダメ」です(笑)

わざわざこれからの長い文章を読んでくれなくてもわかるでしょう?百害あって一利なし。キラキラネームには何もプラスの作用はありません。マイナスの事しかないので、文章を読まずに察して、つけようとしている方はやめてください。親からの虐待に近いですので。
どうしても納得できない人は次項を読んでいってください。

いったいどんな親がそういう名前を付けているのか!?

実はネットニュースでちょっと前に見かけたのですが、

林修先生 キラキラネームと学力の低さは「相関性がある」

というニュースで外部リンクを貼っておきましたので、詳しい内容はそちらでお読みください。

簡単にいうと「「キラキラネーム」と学力の低さには「ある程度の相関性がある」との持論」という事なんですが、これ実はめちゃくちゃ当たっています。というか確実な情報です。
林先生、このうるさい時代によくぞ言ってくれたなぁと、元々林先生を好きでもなかったのですが、ちょっと尊敬してしまいましたね(笑)

私は膨大なデータを取っているので、この林先生の持論は、まったくもっと正しい理論であると証明できます。統計学で日本で通用するだけにデータ量がありますので!
林先生はキラキラネームを付けている親は学力が低いと言っておられますが、キラキラネームでだけでなく、姓名判断という物の信用度もこれにものすごく関係しているのです。
これは事実なので、私も林先生と同じく批判覚悟で書かせて頂きます。

姓名判断を信用して名付けをする家庭ほどまともな家庭が多いという事です。

ここでいう「まとも」って何なの?と聞かれれば、定義はあいまいですが、所謂あなたが思い浮かべる「まともな家庭」と思ってもらえば遜色ありません。

姓名判断なんか信じない、字画なんて関係ない、どんな漢字であろうが自分の好きな名前をつける!何も調べない!っていう親もいるんですが、こういう親は林先生の言う通り、私のデータでは学歴が低かったり、世帯収入が低かったり、常識に欠けていたりする親がほとんどです。99%以上の確率ですね。間違いなく。

それに比べ、出来る限り画数を私のサイトで調べたり、色々と質問してきたり、私にお金を払ってでもいい名前をつけてきてくださいと頼んでくる相談者の方は逆に99%、いや100%、家柄が良かったり、いい大学を出ていたり、社会的信用がある人なんです。

これは適当に想像で言ってたり、おもしろ話として話しているのではなく、データの結果。確率的な話になります。
だから、東大の名簿で東大生の名前をどれも普通に読めた。という話になっているのだと思います。

あなたがきちんとした親でありたいならばキラキラネームなんて付けてはいけません。まぁ、まともな人間であればはじめからキラキラネームなんてつけようとは思わないでしょうけど(笑)

誰かがはっきりわかるというのが名前の大前提


名前とはいったいなんでしょうか?ウィキペディアには

「物や人物に与えられた言葉のことで、対象を呼んだりする際に使われる。」

と書かれています。

至極当然ですが、名前のテキストで判断できなかったら、名前の意図を成していないのです。

山田太郎、鈴木花子など私達だいたいの常識人が頭で理解でき、音読できるからこそ名前の意味があるわけです。
たとえば、名簿に「اللغة العربية」と書いてて、音読できますか?
これは私もなんて書いてあるか一切わかりませんが、googleで「アラビア語」と検索して出てきた、文字です。だいたいの日本人は発音すら出来ないんじゃないですかね?
私はどの文字も発音できませんし、何文字なのか、何一つわかりません。
病院のカルテに書かれたら、看護婦さんだって「〇〇さーん」って呼び出しが出来ないはずです。
要するにキラキラネームはまったくこの状況と同じで、「読めない名前は名前ではない」という事を理解して頂きたいのです。
読めない固有名詞はまったく意味のない言葉・テキストですのでいざという時にもトラブルの原因でしかありません。

すでにもうトラブルが起き始めている

キラキラネームという物が世に出だしてからそこそこの年月が経ちました。
1995年から2000年にかけて流行り始めたので、キラキラネームを付けられた子供たちがどんどん大人になり始めています。

近年では

「王子様」というキラキラネームに苦しんだ高3、改名に成功。新しい名前は「肇」

というニュースが大体的に報道されていましたが、この報道はあくまでキラキラネームを付けられた子の氷山の一角にすぎません。

このニュースの文章の見出しに子供の気持ちがよく伝わってきます。「苦しんだ」と書かれています。
名前で苦しむという事はかなり悲惨な人生です。
持病と変わりません。他の皆が苦しまなくてもいい部分で苦しむわけですから、親を恨むに違いありません。

そしてやはりキラキラネームがはやって20年ほどたちますので、私への改名の依頼もどんどん増え始めました。この「王子様」と付けられた子のような悩みを持つ人たちが私の元に改名依頼に来る数が年々増加しています。
それは私の名が知られたから依頼件数が増えてきたわけではなく、私の依頼数はそもそもある程度ここ20年くらいは変わっていませんが、圧倒的にキラキラネームからの変更以来の割合が増えている、という事です。
一般の方はこんなニュースでもない限りは気づかないと思いますが、私は改名や命名が仕事ですので、すごい割合で増加してるのが目に見えてわかります。

私は仕事上、キラキラネームを付けられ、私の元を訪れたり、ネットで改名依頼してくれる人との関りは他の業種の皆さんよりも遥かに多いはずです。
日本の人口からの統計学でデータにしようと思ったら3000人分はデータを取らないといけないと言われています。確率が偏り、集束しないからですね。
正直、関係が多いといっても、3000人分はまだキラキラネームの人とは関わってはいないでしょう。
しかし、これまでみたキラキラネームを持つ人たち、ただの誰一人も喜んでいた人はいません。これだけは例外なく100%の確率で皆、困っている人物です。これはもう本当に100%必中です。
だから3000人を揃える必要もありません、キラキラネームは百害あって一利なし、子供を不幸にするだけの要素しか持ち合わせていませんので絶対に付けないようにしてください。

キラキラネーム所有者の言葉

せっかくなので、キラキラネームで悩んで私の元に依頼にきた人たちがどういった事で困っているか生の声をきいてもらいましょう。

・学校でいじめられてきた

・名前をどこかに登録する時に漢字がなかった

・何度も聞き直される

・馬鹿だと思われる

・事件などを起こした時にエゴサーチで特定されやすい

・名前が読めないから友達が出来にくい

等々の意見があり、私の元に改名依頼にきます。
あくまで私は名前の候補を考えられてあげられますが、改名変更は家庭裁判所のさじ加減で、戸籍の変更はかなり難しいので、子供が嫌がる事をするのは親として辞めておいてください。