彩聖健人の運気アップブログ 彩聖健人の運気アップブログ
彩聖健人の運気アップブログ

赤ちゃん・子供の名付け 女の子編【プロの命名士が解説する女児用姓名判断】

姓名判断

赤ちゃん・子供の名付け 女の子編【プロの命名士が解説する女児用姓名判断】

男の子編に引き続き、女の子編を書いていきたいと思います。あなたの生まれてくる子供が女の子だった場合、名付けは非常に高度で難しいものとなりますので、私の文章を隈なくお読みになり、すべての項目に気を付けて名前を付けて頂ければと思います。
男の子編の時にも少し触れましたが、女の子の名付けというのは、男の子の名付けより遥かに難しくなっています。

私の説明を隅々まで読んで頂いても、理解できない、名前をつけらないという場合は、きちんと名付けが出来る命名士さんにお願いする方が賢明かもしれませんが、どうして自分の力だけで名付けたいという方の為に女の子が生まれてくる用の名付け方法を伝授したいと思います。
男の子編は下記をご覧ください。

それでは今から女の子の名付けがなぜ男の子の名付けよりも難しいのか。そういった事を踏まえながら、どういう順番で考えて、何を気をつけながら命名した方がいいかを解説します。

結婚後、フルネームが変わってしまう

まず何故に女性の名付けが難しいかはこの部分が大きいのです。男性と違い、女性は結婚後に苗字が変わってしまうのでフルネームが同じ苗字の人と結婚しない限りは変わってしまいます。ごく稀に同じ苗字の人と結婚する例もありますが、ほとんどがそうではないでしょう。

結婚前、結婚後を想定して命名する

つまり、姓名判断でいうところの重要な5格(天格、人格、地格、総格、外格)の内、地格以外のすべての部分が変わってしまう事になるので、その点を注意しておかなければなりません。
家庭運・仕事運はそこまで重要ではありませんので、ここでは省きます。

という事は結婚するまでの間を考えつつ、結婚後の事まで想定するので、まず地格は必ず良い字画にするべきだと言えるでしょう。女の子は地格メインで考えていきたいので男の子の名付けとは少し優先順序が変わってきます。
どのような苗字の人間と結婚して、どのようなフルネームになるのかは、この時点では検討がつきません。しかし一生結婚をしない人生もあるかもしれませんので、地格最優先⇒他3格を付けるのが一番ベストではないかと思います。

左右対称文字が苗字にあったとて・・・

こちらも上と同じ、結婚で苗字が変わると想定した場合です。名付けに関して画数以外においても重要な事がまだ数点あります。
そのひとつが「左右対称漢字を一文字は使う」です。
男女ともに苗字と名前のどこかに一文字は左右対称文字を使用した方がいいと言われています。流派によっては関係ない、使用しない方がいいというのもありますが、私は長年の研究結果からのデータとして、やはり一文字は入れておいた方が良いと思います。

男の子の場合でしたら例えば「山下」「森本」「田口」などといった苗字であった場合、すでに苗字の時点で一文字は左右対称文字が入っているので、名前は普通に左右対称文字を考えずに付けてもまったく問題ありませんが、女の子でしたら話はまったく別で、生まれた時の名字に左右対称文字が一文字は入ってたとしても、結婚後の相手の名字が、左右対称文字が入っているかどうかはわからないので、
あらかじめ下の名前に一文字は入れておいた方が良いので、その部分も考えないといけません。
これだけで使用できる漢字の範囲がさらに縮まってしまうのです。

使用出来ない漢字が多い

girl
名前に使用できない漢字について、男の子の方でも説明しました。戸籍に使えない漢字、これは男女ともに同じです。

女性は使用禁止漢字が多い

それ以外の使用してはいけない漢字です。これが男性に比べて女性の方がはるかに多いのです。
「なるべく使用しない方がいい」といった物から「絶対に使用してはいけない」という程度の違いはあるのですが、圧倒的に女性の方が多いのです。
こちらも流派により少しの違いはあったりするのですが、どこの流派であろうが、絶対に使ってはいけないと共通で有名な漢字になりますと、

「美」や「千」、あとは「糸偏」を使用した漢字

などがメジャーどころですね。

確かにこれはどこの姓名判断の流派であっても厳禁とされている命名士であれば誰でも知っている漢字です。

ルールが多い中での名付け

以上の点から、男の子より、はるかに女の子の命名の方が大変なのがわかって頂いたと思います。
私も仕事上、かなりの数を今まで命名してきましたし、現在でも毎日名付けの依頼が来ますが、男の子の依頼だったらほっとします(笑)
私たちのようなプロであっても女の子の新生児の名付けだけはかなり苦労をします。それでももちろん仕事なので完璧に近い名前をつけさせて頂きますが、かかる時間が男の子の8倍~15倍くらいはかかってしまいますね。かといって、女の子だから料金をあげてもらう訳にもいかないので、これはもうしょうがありません。

どうしても自分で女の子を命名したい場合は

だからもしあなたが女の子の名前をつけないとダメな時は、まずは画数で地格で「大大吉」「大吉」を選んで他の3格がどうなるのか?という計算をしてください。
計算する事によって、使用できる漢字の画数が決まってきます。漢字の画数が決まれば、まず名前に使用できる漢字をあらかた抜き出します。そこで付けたい音や名前をつけてみて、出来るのであれば左右対称文字になっている文字を一文字は入れてみる。こういった順序でつけるのがベストではないかと思います。

優先順位でいうと、やはり画数⇒使用してはいけない漢字⇒左右対称文字の順で選ぶのがプロでない人にはわかりやすいのではないかなぁ。と思います。
あとは親・兄弟と同一漢字は使用しないというような当たり前のタブーは男の子のルールと一緒ですので、気を付けてください。

もちろん、この上であなたが自分の子供にこうなって欲しい、可愛らしく育って欲しい、女性らしく育って欲しいという意思のある漢字を選択してあげてください。男の子よりも遥かに難解な女の子の名付けではありますが、その子の一生がかかっていますので、死に物狂いで命名して欲しいと思います。