彩聖健人の運気アップブログ 彩聖健人の運気アップブログ
彩聖健人の運気アップブログ

占い師の本当と嘘【インチキ野郎がたくさんの業界です】

占い・占い師

占い師の本当と嘘【インチキ野郎がたくさんの業界です】

この「占い師」というワードの質問や意見、ユーザー様から結構頂くんですよね。街の占い師相手に客で行く以外はなかなか現実で会う機会というのが無いのでしょうね、ここのサイトは珍しいらしく、これでもか!っていうほど来る質問があるので、ちょっとそれについて書こうと思います。

通常ユーザー様から頂くのは

「占いって本当に当たりますか?」
「信用度の高い占いの種類とはどんなのですか?」
「占いなんて全部インチキなんだよ、クソ野郎」

というたまに心ない意見も来ます(笑)

そしておそらくは現在、占い師をやっている方や、占いをやってみたいと思っているユーザー様から

「どうすれば占い師になれる事が出来ますか?」
「占いで稼げるようになるにはどうすればいいのですか?」
「霊感商法が一番儲かると思うのですが・・・。」

的ななかなか芯を突いた質問まで様々きますので、他の占い師が絶対に教えない占い業界の裏側を教えましょう!!

占い師=詐欺師の意見はほぼ正しい

なぜ、占い師っていうと詐欺師と思われてしまうのか。答えは簡単、詐欺師とかインチキとか適当な「占い師と名乗っている人」がめちゃくちゃ沢山いるからです。だから私は最近、自分の事を占い師っていうのが嫌になってきています。

はじめて会う人に
「お仕事は何をやられているのですか?」と聞かれて、
「占い師です」と答えると、「詐欺師かい!」とツッコミをされることがあります。半分、冗談交じりになんですが。
このパターンはさすがに少ないんですが、かなり多いのは、付き合いがかなり長くなったところで、
「彩聖先生は最初インチキだと思っていたのですが、実は違うかったのですね!」
と言われるパターンです。

まぁ失礼っていっちゃー失礼なんですが、向こうの持っているイメージが「占い師=詐欺師」なんで、しょうがないですよね。

ではなんでそんなに詐欺師、インチキと思われているのでしょうか?
答えは

誰でもなれるから

に他なりません。これは本当に誰でもなれます。
というのも占い師には試験もなければ資格もない、協会なんて民間のお金儲け目当ての適当なのはあるかもしれませんが、もちろん国に認定されているものなどはありません。

だから、適当にタロットカード買った十代の女の子でも「占い師」って名乗ってやってますからね、一丁前に(笑)

お喋りがうまい一流のセールスマンや営業マンなら明日にでも「占い師」をする事が可能です。

占いのカラクリ

よく占いの裏側教えます!みたいなネタ晴らしサイトや本に書いてあるのは「コールドリーディング」「バーナム効果」なんかが書かれていますが、確かにほとんどの占い師と名乗る人はこれを使っていますね。

あんまり個人名は出したくないので、目についた記事があったので(笑)

芸能界最強占い師ゲッターズ飯田の2016年を10大予言!

10大予言なんていうのをやっておられるのですが、ちょっと何個か見てみましょうか(笑)

2 借金するとろくなことがない。金の貸し借りはダメ

これについてですが、これって2016年の予言ですか?10大って事は2016年に起きるベスト10の大きな出来事・ニュースって事ですよね?
熊本地震があったり、トランプ氏が大統領に就任したのに、これですか?
これって2016年の予言というよりは、当然の戒め的な事じゃないでしょうか?それに予言って言ってるのに「金の貸し借りはダメ」ってそもそもの論点がずれてます(笑)

6 美男美女がモテる

7 礼儀、礼節を重んじる人が伸びる

ここらへんも当たり前の事で、私はこれが当たる当たらないというよりは「予言」っというジャンルで発表する勇気がすごいな、と感心しました、ある意味(笑)

人気のある有名占い師ですらこんな感じなんですよ。

つまり占い師って当たり前のことを言っている人が多く、それってどうなの?と思ってしまいますが、主に話のうまい人が多くて、相談者を信じ込ませる人が多いのも技術なんですよね。

ここらへんは占いマニアや占いにはまっている人以外の、一般の感覚を持っている人なら誰でも気づきの事だと思いますが、占い好きの人も見てるので他のテクニック?トリック?も書いておきましょうか。せっかくなので。

タロットは児戯に等しい

タロット占いというものがあります。もちろん一度は耳にした事があるでしょう。
賢明な一般常識のある方に「あれって、まったく信用度がありませんよね?違いますか?」って言われるんですが、その通りです。

決して何の根拠もございません。
ちゃんとしたなんでこれが、こうなってという理由付けが無いので。適当にカードを引いているわけで、どのカードが出ても解釈の仕方で無限に取りようがあるのでね。

ま、タロットカード、オラクルカード、まぁそれに似たような物は色々と他にも私ですら聞いた事がない物までありますが、あれはうーんお遊びというか当てモノ的な物ですねー。信頼を求めたり、人生を左右する事をあれに賭けてはいけません。

こういった、どうとでも取れる、占い師側のリーディング全てにかかるようなものを扱うのを

レトロフィッティング

という専門用語で言います。

今はあまり見なくなったかもしれませんが、ちょっと前まではテレビで

FBI超能力捜査官が行方不明の子供を探す!

みたいな番組がやってました。あれもガチインチキの超能力者が出演してるんですが、彼らがよく使っていた手法も「レトロフィッティング」です。

子供が遊んでいて行方不明になった地図に手をかざします。
すごい考えながら、目をつぶり、自称超能力者は重い口調でこう語ります

「3という数字がここに見えます」

私らはプロなんで大笑いしてましたが、この小さい整数を言うというのも基本中の基本なんですね。

その場所にテレビスタッフが訪れ、「3」を探すわけです。
そうすると、3本木が生えていた、3丁目だった、3個の大きな岩があった、などそれにまつわる物を探すわけです。
それが見つかったところで何の解決にも繋がりませんけど!!(笑)

続けざまに言います。
「一番近くの大きな道路を北へ走り続けてください。川があるところがあります、それを超えると三角のマークの看板があるビルがあります。その近くに誘拐された子供はいてます」

と言われて、テレビスタッフは道路を走り続けます。先に「川」と言われているので、まず川があるところまでは絶対に走りますよね?川なんてどこにでもあるので。それを超えたら、今度はビルを探します。
マークってだいたいが三角か円か四角なんですよね。そしてそれが見えるまでは走り続けるので、必ずあるわけですよ。

テレビはすごい演出で本当にあった!とか盛り上げますが、当然、誘拐された子供が見つかる事なんてありませんよ。だって彼らはインチキの超能力者なんだから。

そもそも、後の調べでFBIに超能力者を使って物事を解決する部署など存在しない事がわかっています。まぁひと昔前のテレビだったから、それが成り立ったのでしょうが。

わかりましたでしょうか?これが「レトロフィッティング」という方法です。
そこそこ一般の方は占い師に使われると引っかかるので注意が必要です。

今だから結構できるホットリーディング

コールドリーディングというのを占い師がやっているというのを聞いた事がありまんか?これはwikiペディアには

外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、
相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。

これならまだ占い師の技量が問われるので、まだうまく出来る人は少しはマシなのですが、それよりもひどいホットリーディングを使う占い師が今結構増えているらしいです。

ホットリーディングは事前に情報を知って、相手の事を言い当てるというものなのです。
なぜ事前に情報が知れるかというと

・占いという仕事上、予約の時にちゃんとしたフルネームと生年月日を聞ける

これが大きいのです。皆、きちんと占いをしてほしいので、名前と生年月日はちゃんと告げます。
そうすると今の時代はSNSなどで結構情報が出てきます。それをあらかじめに見て覚えておき、来た時にあたかも言い当てたかのように告げるのです。

昔から大きな仕事の時は探偵や興信所を使ってやる占い師もいてるとは聞いた事がありますが、今の時代は更にやりやすくなっているのでしょう。

占いの本質とは

といったように、様々な手法があるのですが、私からしたら、元々本人が知っている情報を当てたところでどうなんだ?って話です。

あなたが占いに行きました。占い師はあなたの家族構成、親の名前、親の生年月日、あなたが昨日食べた物、あなたの通帳の残高までピッタリ当てました。
でどうですか?
これらは占い師が当てたところで、あなた自身元々知っていた情報です。それを人から言われたにすぎません。

明日からの出来事を完璧に当てれるのなら、それはすごい事です。

ただどの占い師も「令和」という新しい元号も、大きな地震も、競馬の1レースすら誰も当てれないのです。

つまり重要な事は何一つ当てれないのです。これが答えで、これが真理です。

私が目指すのは、来た相談者やクライアントを成功の方に導いてあげるのが一番正しい事だと思いますし、その人の為にもなる事だと思います。

占い師になりたい、と私に相談を送ってくれる方は、どちらかです。
正しい方向に導いてあげたいのか、いろんな手法を使いお金だけ儲けたいのか。どっちがいいかはあなたが好きにすればいいと思います。

記事が長くなったので、また違うテクニックや占い師の裏側は続きを書きたいと思っています。