彩聖健人の運気アップブログ 彩聖健人の運気アップブログ
彩聖健人の運気アップブログ

彩聖健人Q&A(2018年11月8日編)

占い・占い師

こんにちわ、彩聖健人です。季節の変わり目のは風邪をひいたり、身体を壊したりしがちです。
風邪をひいたり、病気になったり、体調が悪いというのはそれだけで運気が下がりますし、自己責任ですので、出来るだけ予防を心がけてください。
では質問に答えていきましょう。

子供につけた名前が悪いとでました。

子供につけた名前が悪いとでました。少しでも良くかえていく方法を教えてくだい。
やはり、こういう質問がかなり来ます。
名前を役所に申請した後では、あとのまつり。本当に子どもの名前だけめちゃくちゃ熟考した後、きちんとつけてあげてください。
大人になれば、芸名やペンネーム、源氏名などで実際に生活していけますが、
人間は義務教育を卒業するまではそういうわけですし、子供の世界では本名を語るしかないので、余計にきちんと付けなければなりません。
キラキラネームなんてもっての他、テレビで林先生も言われてましたが、学力と名付けは関係性がもちろんあります。
いわゆる「ちゃんとした家庭」ほど名付けを命名士や私などの鑑定できる人にお金を払ってでも考えようとします。
だから今後このブログを見て、子供を持つ予定のある人は肝に銘じてほしいと思います。

というわけでもう名付けてしまったものはしょうがありません。
もちろん名前だけで全て人生が決まってしまうわけではありませんが、気になるのは当然です。
少年の時期での名前の変更は私でも聞いた事ないので、日本ではほぼ出来ないに等しいんではないでしょうか。

名前自体を旧漢字で表記出来る物なら戸籍上は変更できませんが、そっちを使わせる等はやりようがあります。
例えばそうですね「崎」という文字なら「﨑」で使用してても問題ないでしょう。お子さんの漢字で旧字に変えられるのがないかを漢和辞典などで調べてみて、それで画数が変わるか等を調べるという手法はひとつあります。
旧字が全てにあるわけでもないのですが、これが使用できる名前ならまだラッキーで、それが無理なら他の事でカバーしてあげるしかないでしょう。
これからもこのブログをよく見てください。
あまりお金や労力をかけずに運気が上がる方法を出来る限り紹介していくので、あなたがそれを子供さんにやってあげてください。

仕事がうまくいきません。

仕事がうまくいきません。どのようにしたらいいでしょうか。お局には向いてないから辞めろと言われています。
ちょっと質問が短すぎて、どの部分がうまくいかないかがこの文章ではわからないのですが、あなたがどう思っているかですね。
今後、他に私に質問を送ってくれるユーザーさんももう少しだけは具体的な説明があった方がより確実性のある回答ができます。

誰から辞めろと言われているかの問題はありますが、あなたが辞めたかったらそれは辞めるべきです。
誰がなんと言おうと辞めたくなかったら続けるべきでしょう。
あなたの人生なので、最終的にはあなたがやりたいようにしないといけません。
自分の心の底で、本当にどう思っているかを探り、その本心に従ってください。

独立し自分で何かしたい

独立し自分で何か?したいと思うけど自分には何があっているのか?分からず道に迷ってばかり どうしたら良いか分かりません。後 自分がやりたい事にしろ服装にしろ 反対派が結構居ます、対処方法は ありませんか?
自分に何が合っているのか、中々自分自身ではわかりません。
何が合っているのかわからない時は、合うまでどれでも手を付けてみるのがいいと思います。
二兎追う者は・・・ということわざは、何かを見つかってからはダメかもしれません。しかしまだ何も見つかってない、決まってないのであれば、どれもこれも気になるものはやってみましょう。
よくいてるのが、思っているだけで行動していないパターン。思うのではなく、まず先に動いてください。
その多数始めたものの中で、飽きずに、かつストレスなく続けられたモノ。これが自分に合っているものと判断しても問題ないでしょう。

それが決まればあとは邁進するのみで、他の反対派の意見などは一ミリも聞く必要はありません。
反対派の対処法は無視。そういう相手とは関わらないのがいいでしょう。
あなたが相談していたら別ですが、向こうが勝手に感覚でこっちの事何か言ってくるのは全部無視して構わないと思います。
良いモノが見つけられる事を祈ってます。

今日はこの辺で。