彩聖健人の運気アップブログ 彩聖健人の運気アップブログ
彩聖健人の運気アップブログ

彩聖健人Q&A(2018年11月22日編)

占い・占い師

こんばんわ、彩聖健人です。本格的な冬になってきました・・・。雨も重なって、私は寒い中トレーニングをし過ぎて肩を痛めてしまいました。
やはり気温が寒いと筋肉など痛めやすいので、運動をしている方はウォーミングアップを十分にしてください。
言わずもがな、身体の怪我や病は運気をそれだけで下げますので。
それでは本日も質問に答えていきましょう。

「藤」は、どの画数が正しいですか?

当方の名前に入る「藤」は18画19画21画のバラバラの説があり
画数によって運気もかなり変わります。
どの辞典や漢字の画数が正しいんでしょう?
そうですね、説ではなく、旧字体・新字体・繁体部首で分かれており、書き方の違いで19画・18画.21画になるので、どれが正しいというのは間違いで、すべて合っているのです。
ですが現代では、だいたい新漢字の18画が一般的にポピュラーに使われており、当サイトでの扱いも18画になっております。

もし芸名などで使いたいのであれば、19画や21画の漢字の方を使いたいのあれば使ってもらって全然問題ありません。
なので、それぞれどれを使用してもらっても間違いというのはなくすべて使用出来て、すべて正しいです。
ただ現在もっとも使われている割合が多いのは18画の「藤」になります。

作家になりたくて、ペンネームを考え中です。

作家になりたくて、ペンネームを考え中です。一つ気に入った名前があり、彩聖先生のサイトで調べても、大吉や吉ばかりなのですが、名字部分と名前部分(天格と地格)が同じ画数ということに気づきました。ある本では、良くないとされていましたが、彩聖先生はどうお考えでしょうか?
いわゆる天地同格ですね。
所説あるのですが、私はずっとデータを取っており、その統計データから姓名判断をしていますが、天地同格はやはり波乱含みで、思いがけないトラブルを引き込む人が多いですね。これは実践データ計測している上での話なのですが、そのケースが多いです。
当サイトはかなり分母数が多いので、統計データとしてはかなり信憑性が高いデータがありますが、天地同格は有名という事で避けられ、実際には少ないので、データ数は通常のデータより少なくなり、偏りはあるかもしれませんが、やはりそのケースが私は多いように感じるのでわざわざ付けなくても、外せるならば外した方がいいと思います。
ただ姓24画、名24画とかの「大大吉」・「大大吉」くらいだったら、リスクもあるが大きくリターンが返ってくるペンネームになるかもしれませんが、安定性を求めるなら避けた方が賢明かもしれません。一発屋の作家さんになってしまうかもですね(笑)

ペンネームですと好きなのを付けれるのでわざわざ付ける必要はないので、総格の方を重視した方が私はいいと思います。

総格>人格・地格>外格>天格

を意識してつけてみてください。名付けは総格を「大大吉」に選び、そこから他を埋めていくという方法がベストだと思います。

多忙な男性からアプローチされることがあったのですが、付き合うと放置されます!

多忙な男性からアプローチされることがあったのですが、付き合うと放置されます!放置しても平気とバカにされてるんでしょうか?
そんな事はないと思いますよ。多忙な人は本当に多忙なので、あなただけでなく、他の何かも重要なのです。たとえば仕事とか。
昔から

「仕事とあたしとどっちが大事?」

みたいな話がありますが、これは元々比べるものがまったく違うので聞く事自体がダメです。
答えはありません。だって別の物を比べているので比較論にはならないからです。

バカにされているとかはありませんし、放置したくてしているわけでもないと思いますよ。
それより私は気になるのはあなた側の気持ちです。
あなたが相手を好きであるならば、どれだけほっとかれようが、何週間会えなくても問題ないと思います。
もちろん女性ですので寂しかったりする気持ちもよく理解出来ますが、相手がどう、ではなく自分自身の気持ちです。

ほっとかれるのが嫌ならば別れるしかありません。どれだけほっとかれても好きだったら我慢してください。
相手の気持ちが二の次です。あなたが幸せになる唯一の方法は自分の心に正直になる事です。

これは有名なイギリスのことわざですが、

一日だけ幸せでいたいならば
床屋にいけ。
一週間だけ幸せでいたいなら
車を買え。
一か月だけ幸せでいたいなら
結婚をしろ。
一年だけ幸せでいたいなら
家を買え。
一生幸せでいたいなら
正直でいることだ。

というのがあります。
一日、一週間のくだりはどうかわかりませんが、一生の部分はある意味私も正しいと思います。
だから相手ではなく、あなたがどう思ってるかを重視してください。

それでは今日はこの辺で。読んでいただきありがとうございます。