名前をつける際のプロからのアドバイス - 姓名判断 彩

名前をつける際のプロからのアドバイス
芸名や源氏名をつける場合

芸名とは

主にタレント・芸能人が使う名前。

源氏名とは

ホステス・ホストなどが使う名前であり、
どちらもこの名前において、他人に知ってもらう訳ですので、
本名よりもむしろ重要と言えるでしょう。

つけ方は様々で、
本名と違い英数字なども使用出来ますし、☆などのマークも使えます。

一番大きな点は、
本名を決める場合と違い、
天格(苗字)が自由に付けられることです。

基本的には本名と同じで、
まず、他の人が苗字・名前を見た時に、ちゃんと読める内容である事です。

次に五格を形成する漢字の画数です。

芸能人でおしゃべりや歌を売りにするならば、
総格ももちろん大事ではありますが、
人格を「15画」ではなく、
あえて「17画」にしてみるとか、
どのようなタレントを目指したいか、
で大事にする五格が変わってくる
と思うので、
やはりつける時はプロの命名士に頼んでつけてもらうというのが、
一番ベストかもしれません。

一度、間違って付けてしまうと、
せっかく他の人に名前を憶えてもらったのに、
もう一度覚え直してもらわなくなってしまうので、
ちゃんと診てもらえる 本物の命名士に依頼するようにしてください。

実際、かなり「自分では姓名判断を理解している」と勝手に思い込んでいる素人の占い師や坊さんがかなりたくさんおられます。

私の元を訪れるクライアントさんが前に付けてもらった名前を診断した時に、
「ひどい名前を適当に付けられてるなぁ…」
と思うことが多々ありますので、
十分に注意してください。

芸能・源氏名をつけた際もちゃんと命名書を作成して額に入れて家の目立つ場所に飾っておきましょう。

戻る